輸送の概要

使用済燃料 SF

原子力発電に利用された使用済燃料は、再処理工場で化学的な処理を施して、燃え残りのウランや新しく生まれたプルトニウムを取り出し、再利用します。

原燃輸送(株)は、全国の原子力発電所から再処理工場へ使用済燃料を輸送しています。

輸送の流れ
陸上輸送

原子力発電所

使用済燃料は、発電所の貯蔵プールで一定期間冷却された後、キャスクと呼ばれる専用の輸送容器に収納され、輸送物として仕立てられます。

搬出前には、輸送物表面の放射能量や放射線量が法令の基準を満たしていることを事業者と国が確認します。

使用済燃料貯蔵プール使用済燃料貯蔵プール
発電所港

船積み港

輸送物は、港まで陸上輸送され、運搬船に積み込まれます。

海上輸送前には、運搬船への固縛方法や運搬船周りの放射線量が法令の基準を満たしていることを、事業者と国が確認します。

使用済燃料輸送容器(キャスク)使用済燃料輸送容器
(キャスク)
海上輸送海上輸送

海上輸送

海上輸送は、使用済燃料運搬船で行います。

船舶
むつ小川原港

陸揚げ港

クレーンで運搬船から専用の輸送車両に積み替えます。

陸上輸送前には、車両周りの放射線量が法令の基準を満たしていることを事業者と国または国の指定機関が確認します。

東海村(原電東海港)
六ヶ所村(むつ小川原港)
陸上輸送

陸上輸送

再処理工場までの陸上輸送は、隊列を組んで行います。

東海村
六ヶ所村
再処理工場

 

再処理工場

使用済燃料は、再処理工場の貯蔵プールで取り出され、再処理されるまでの間保管されます。


当社が担当する輸送業務