会社案内

   
  当社の動き  
1973
(S48)
  • 商社2社、運輸4社にて動燃・再処理施設向け使用済燃料輸送会社として(株)エヌ・ティー・エス設立
 
1974
(S49)
  • 株主として電力10社、商社5社、運輸5社の体制に改組
 
1978
(S53)
  • 第1回東海向け使用済燃料輸送を実施
使用済燃料輸送
1986
(S61)
  • 原子燃料サイクル施設向けの輸送を実施することになり、社名を「原燃輸送(株)」に変更し、新たな一歩を踏み出す
 
1989
(H元年)
  • 原子炉等規制法上の「運搬を委託された者」の資格認定を受ける。以後、電力会社に代わって当社が東海輸送本部の本部長となる
海上輸送
1991
(H3)
  • 「運搬を委託された者」としてHZ-75T型輸送容器の「設計承認」「容器承認」を取得
 
1992
(H4)
  • 六ヶ所輸送事務所を開設
  • 第1回低レベル放射性廃棄物の輸送を実施
六ヶ所輸送事務所
六ヶ所輸送事務所
低レベル放射性廃棄物輸送
1993
(H5)
  • TN28VT型輸送容器の設計承認を取得
TN28VT型輸送容器
1994
(H6)
  • NFT型輸送容器(6タイプ)の設計承認取得
  • 原燃船舶(株)発足
NFT型輸送容器
1995
(H7)
  • 第1回返還ガラス固化体の輸送を実施
返還ガラス固化体輸送
1996
(H8)
  • 第1回天然六フッ化ウラン輸送の実施
天然六フッ化ウラン輸送
1997
(H9)
  • 低レベル放射性廃棄物輸送累計10万本達成
低レベル放射性廃棄物輸送
1998
(H10)
  • 六ヶ所向け使用済燃料の第1回試験燃料輸送を実施
  • NFT型輸送容器のレジン(中性子遮へい材)データ改ざん問題が発覚
六ヶ所向け使用済燃料の試験燃料輸送
1999
(H11)
  • データ改ざん問題が解決。経営理念の見直し、企業行動憲章を制定。
  • ISO9001の認証を取得
 
2000
(H12)
  • 低レベル放射性廃棄物の充填固化体を初輸送
  • 第1回六ヶ所向け使用済燃料輸送を実施
 
2001
(H13)
  • 創業以来のSF輸送、累計1,000トンを達成
  • 東海向け使用済燃料輸送通算200回を達成
  • 原子力船「むつ」の使用済燃料輸送を実施
使用済燃料輸送
2002
(H14)
  • (株)オー・シー・エルへの資本参加
 
2003
(H15)
  • 低レベル放射性廃棄物輸送通算100回を達成
低レベル放射性廃棄物輸送通算100回達成
2004
(H16)
  • 六ヶ所向け使用済燃料輸送、累計1,000トンを達成
 
2006
(H18)
  • 使用済燃料運搬船第二船竣工
  • 六ヶ所向け使用済燃料輸送、累計2,000トンを達成
 
2007
(H19)
  • 東海向け使用済燃料輸送、累計1,000トンを達成
 
2008
(H20)
  • 原燃船舶鰍吸収合併
  • 低レベル放射性廃棄物輸送、累計20万本を達成
2009
(H21)
  • 六ヶ所向け使用済燃料輸送、累計3,000トンを達成