輸送の概要

低レベル放射性廃棄物 LLW

原子力発電所で発生する古くなった作業着・交換した機器などの低レベル放射性廃棄物は、焼却・圧縮などにより容積を減らし、セメントやアスファルトなどで固めてからドラム缶に密封されます。

原燃輸送(株)は、全国の原子力発電所から日本原燃(株)低レベル放射性廃棄物埋設センターまで低レベル放射性廃棄物を輸送しています。

 

 

輸送の流れ
陸上輸送

原子力発電所

ドラム缶を専用の輸送容器に収納した後、輸送物表面の放射能量や放射線量の検査が行われます。

輸送容器に収納されるドラム缶輸送容器に収納される
ドラム缶
海上輸送海上輸送

船積み港

輸送物は、陸上輸送され、運搬船の船載クレーンで積み込みます。

海上輸送前には、運搬船への固縛方法や運搬船周りの放射線量が法令の基準を満たしていることを、事業者と国または国の指定機関が確認します。

船載クレーン(青栄丸)船載クレーン
海上輸送

海上輸送

海上輸送は、低レベル放射性廃棄物運搬船で行います。

青栄丸低レベル放射性廃棄物運搬船
陸上輸送

陸揚げ港

クレーンで運搬船から専用の輸送車両に積み替えます。

車両周りの放射線量をゲートモニターという移動式の放射線測定装置により確認した後、陸上輸送を行います。

むつ小川原港ゲートモニターによる確認
低レベル放射性廃棄物埋設センター

低レベル放射性廃棄物埋設センター

運び込まれた低レベル放射性廃棄物は、輸送容器から抜き出され、各種検査を経た後、鉄筋コンクリート製の埋設施設で安全に埋設されます。

低レベル放射性廃棄物埋設センター低レベル放射性廃棄物
埋設センター
当社が担当する輸送業務