PEOPLE

高橋 純 わたしは妥協のない安全確保でオンリーワンを目指す。

高橋 純TAKAHASHI JUN

技術部 製造管理グループ
2005年度入社

インタビュー

入社の決め手は?

大学では原子炉物理を中心に学んでおり、何らかの形で原子力に関係した仕事に携わりたいと考えていました。そのような中で、大学の採用担当教授より話を伺ったことがきっかけで原燃輸送を知り、興味を持ちました。
原燃輸送は国内で唯一の原子力関係物質輸送の専門会社であるということを知り、日本の原子力を支える重要な会社の一員として、日本に貢献できるのではないかと考え入社しました。

高橋 純

仕事で大切にしていることは何ですか?

現在、私はMOX燃料輸送用の新規輸送容器の設計開発、製造管理に携わっています。新しい輸送容器の設計開発、製造管理には、生みの苦しみというか、様々な苦労を伴います。例えば、輸送容器は内部に放射性物質を収納しますので、安全性については絶対に妥協してはいけません。一方で、輸送に係る費用を低減する視点や、各輸送設備(船や車両など)や燃料加工工場、発電所内で、輸送容器を適切に取り扱えるようにする必要があるなど、様々な要求事項があります。
これらの要求事項は時には、それぞれ両立することが難しく、彼方立てれば此方が立たぬ、という状況に陥り、判断に迷う場合があります。そのような場合においても原子力に携わる一員として、「安全確保を最優先」という基本を、肝に銘じて業務に当たっています。

高橋 純

会社や所属チーム、仲間の雰囲気は?

私は職場では、ちょうど中堅に位置しており、上司や後輩と共に仕事をしています。当社の業務の多くは、一人で黙々と実施するというよりは、仲間と協力し合い、時には議論を行いながら方針を策定するなど、チームワークが欠かせません。このような業務の性質上、「意見を言いやすい環境」が重要であり、コミュニケーションが活発であることが必要となります。
私の所属するチームでは、時に冗談を言い合い、時には真剣に議論を交わすなど、メリハリをつけて、毎日楽しく仕事を行っています。

就職活動中の学生へメッセージ

原燃輸送は国内で唯一の原子力関係物質輸送の専門会社であり、日本の原子力に欠かせない業務を行っています。
決して目立つ存在ではありませんが、縁の下の力持ちとして、業界を支える重要な会社です。
興味を持った方はぜひ応募してください。心強い仲間を迎え入れる日を楽しみにしております。

OTHER INTERVIEW

先輩社員一覧へ
pagetop