PEOPLE

鳥塚 竜一 わたしは率先力でオンリーワンを目指す。

鳥塚 竜一TORITSUKA RYUUICHI

六ヶ所輸送事業所 輸送部
2018年度入社
※所属は2022年当時

インタビュー

入社の決め手は?

学生時代に原子燃料サイクルに関係する研究室に所属していたこともあり、今までの知識が生かせる仕事に携わりたいと考えていました。原子燃料サイクル事業に関係する会社や施設の見学等に行くようになり、『放射性物質を含むものをどのように運んでいるのだろう』と疑問に思ったところから『輸送』について興味が沸き、業界研究をしている中で当社を知りました。
そこから、当社の原子燃料サイクルにおける『オンリーワン』という強さ、『業界の縁の下の力持ち』である立ち位置に魅力を感じ、加えて仕事体験での輸送業務の奥深さを体感できたことや、社員のアットホーム感に惹かれて入社を決めました。

鳥塚 竜一

今携わっている仕事とそのやりがいは?

青森県六ヶ所村にある六ヶ所輸送事業所における輸送手続き・現場業務に携わっています。輸送手続きは数ヶ月前から作業工程の計画、港の利用申請等や、関係会社との調整、資機材の手配等を行います。特に、現場作業に係る関係会社の数が多く、それらをマネジメントする我々は責任感がありながらもやりがいを感じます。また、輸送当日は、自分で計画した作業を関係者と進め、時にはトラブル対応で苦労しながらも、輸送が完了した時は現場ならではの達成感を味わうことが出来ます。

鳥塚 竜一

会社や所属チーム、仲間の雰囲気は?

当社の社員数は約150人(六ヶ所事業所は約25人)程度で、社員同士がほぼ全員顔を覚えていると思います。そのため、社内は誰にでも話しかけやすい雰囲気があり、居心地が良いです。また、仕事となると、どの社員も自分のことのように親身になって相談に乗ってくれ、アドバイスも頂けるなど、少数ならではの強みがあると思います。
さらに現在、当社は若手が増えつつあり、上司や先輩は若手に挑戦させる機会を与えようと考えてくれています。また、人材育成制度をより良くする働きも出ており、当社に入社するなら非常にいいタイミングだと思います。

就職活動中の学生へメッセージ

振り返ると就職活動は自分を見つめ直すいいタイミングだったと思います。まずは自分が何をやりたいのかを考え、志望先の会社が自分のやりたいことをできるのかをしっかりと見極めることが重要です。
その点、「輸送」は想像よりもたくさんの知見が必要で、広いフィールドで仕事ができます。実際、当社は原子力業界に位置する企業ですが、原子力専攻出身者だけではなく、様々な経歴の社員が活躍しています。当社に興味がある方は是非、会社説明会などに参加し、話を聞いてみてください。

先輩社員一覧へ
pagetop